水のトラブルが特に起きやすい場所とは

水のトラブルが特に起きやすい場所とは 水道はガス、電気とともにライフラインと呼ばれおり、人間が生活していくうえで欠かすことができないものとされています。地震や大雨などで被害が発生すると、ライフラインの復旧がいつになるかということがまず課題となります。電気やガスは企業の復旧工事を待つこととなりますが、水に関しては水道の復旧工事を待たず、自衛隊や自治体による給水車によって供給されることが少なくありません。それほど水は人間の生活にとって重要なものなのです。
このように生活には欠かすことができない水ですが、家庭ではこの水が原因となってさまざまな水のトラブルが生じることがあります。家庭には、キッチン、お風呂、洗面所、トイレなどでよく水を使用しますが、つまりや水漏れによって思わぬ惨事となることもあります。家庭のなかで特にトラブルが発生しやすい場所はどこなのでしょうか。

■水のトラブルが起きやすい排水管

蛇口や排水口は目に付きやすいので異常があるとすぐに気づくことができます。しかし、排水管は普段見ることがほとんどなく、つまりや水漏れが発生していても気づかないことが多いものです。知らない間に水道料金が上がっていたり、使っていないのに水道メーターが回ったりしている可能性もあります。
キッチンの収納スペースを空ければ見えるシンク下の排水管は比較的確認がしやすいものですが、洗面所やお風呂、トイレなどは床下や壁などに排水管が埋設されていることも多いため、確認できず床や壁に水漏れが生じることで初めて異変に気付くということもあるでしょう。単なる水漏れではなく、汚水が逆流して漏れてしまうこともあり大惨事となることもあります。

■大量に水を使用するお風呂
髪の毛や体を清潔にするだけでなく、1日の疲れをゆっくりとることができるお風呂はリラックスタイムを過ごすことができる大切な場所です。睡眠時間よりも入浴時間の確保を優先するという方も多いのではないでしょうか。そんなくつろぎと癒やしの場所であるお風呂でも、残念ながら水のトラブルが起きてしまいます。
お風呂は家のなかでも一度に大量の水やお湯を使用する場所です。髪の毛や体を洗いながらシャワーを流したり、入浴後の浴槽の栓を抜いたりすることによって、一度に大量のお湯が排水されます。また、髪の毛や石鹸カスなどが排水口に溜まりやすいため、つまりや水漏れが生じやすい場所にもなります。

■水のトラブルが起きやすいトイレ

災害が発生した際に、飲料水とともに困るのがトイレの水です。いつも当然のように使用しているトイレに水が流れなくなるということは想像以上に不便なこととなります。しかし、日常生活のなかでもトイレが詰まったり、水漏れしたりすることで使用不可になる可能性は否定できません。
トイレは一般的に直接蛇口から水を流すのではなく、タンクに溜められたものが勢いよく一気に流れることで汚物を流します。そのためタンクの中の部品に劣化や不具合が発生することによって水漏れが生じることがあります。また、温水洗浄便座を使用している家庭も多いため、接合部分や給水管から水が漏れることも考えられます。

■まとめ
水のトラブルというと災害に関するものばかりをイメージしますが、実際には家庭のなかでつまりや水漏れが原因となって生じるトラブルが発生する可能性の方が高いといえます。水は飲料用や料理用だけでなく、生活用水として果たす役割が大きいため、キッチンのほかトイレやお風呂、洗面所などで使用することが多く、トラブルが発生しやすくなります。
特に水のトラブルが起きやすい場所として、排水管、お風呂、トイレが挙げられます。さまざまな原因によってつまりや水漏れが生じることで、使用できなくなったり、水浸しになったりすることがあります。そのため、それぞれの場所でなぜトラブルが生じるのか、また、そのトラブルにはどう対応すればいいのかをきちんと理解しておく必要があるといえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース